各業界における他社比較結果です。

定義

指標は、伝統的な指標を当社独自表現におきかえ定義しています。

指標:Sスコア(以下、スコア)

定義:以下「」内の全ての言葉の意味を包括します。

「 趣味力、影響力、自由度、責任範囲、スピリチュアリティ、エフィカシー、精神力(気力、知力、意思力の総合値)」

調査範囲:日本に拠点がある会社

比較1 氣功師養成スクール

氣功師養成スクールは全国に大小様々ありますが、大手や著名・有名校を選択しました。

比較表から、僅差ですが、当社の指導力、養成力は全国トップです。

なお全国第2位のT社は、代表である高田がセミナーに参加し学習したことが何度かあります。

T社は気功師養成の世界的権威であることはトップの方が説明されていて、高田も理解しています。

氣功師養成に関するスコアの意味は、氣功を学びたい、自分や家族に気功で施術したいなどを目的としたクライアントが、実際に自分自身や他人に対し施術ができるレベルに「引き上げる」ことを指します。

比較2 氣功整体院

気功は中国から日本に渡り、気功で施術を行う気功院は今や日本全国に存在しています。

気功で施術を行うには国家資格を必要とされていません。

1990年代の統合医療における20年間の研究結果から、気功は医療効果があることが認知されています。

今では医者や看護師の一部でも気功の医療効果を認め、推奨されている人もいるほど認識が拡大しつつあります。

自然医療、代替医療、統合医療の普及と並行して、全国に気功の施術を行うサロンも急増しています。

今回の調査では、メディアに掲載されている著名・有名店や当社が独自調査した中から選出しました。

結果、著名・有名店の多くがスコア5であることから、気功の施術で大きな効果を得るにはスコアが5以上必要であることは明らからです。

当社が運営する氣功整体院は、院長(スコア7、21年10月時点)、副院長(スコア5、左同)が施術担当しているため、結果として、全国トップの施術力を有することがわかりました。

比較3 コーチングスクール

コーチングスクール、コーチ養成校(上流)は、コーチングの市場規模が3000億円以上あり、市場規模は今後継続的に成長することが予測されています。

コーチングの市場規模

不確かな世の中において、目標達成や次段階のゴール設定にはコーチ役が欠かせないため、コーチの需要が今後さらに急増することが期待されています。

コーチ養成校の中でも著名な会社で現在8社を対象として、会社の代表、コーチ養成の責任者を独自調査した結果を比較3の表に示します。

結果、僅差ですが、当社が全国トップの養成力を有することがわかります。

そしてT社は、コーチングの世界的権威であったRT氏から受け継いだ唯一のコーチ養成機関であり世界的なコーチングの総本山として運営されています。

当社は、セッション数や経験年数は他社勢に一部劣るものの、コーチングに本質的に必要なスコアの観点から、T社を飛び越えて世界一に位置しています。

そもそも、コーチングスクールにおけるスコアの意味、つまり、コーチングの目的は、「相手のエフィカシーをあげること」です。

相手のエフィカシーをあげるためには、まずはコーチのエフィカシーが相手より高いことが必須条件となります。

コーチ候補生のエフィカシーを高めること」これがスクールに求められる必須条件です。

コーチ候補生の実力を養成することがスクールに必要とされますが、スコアは直接的にコーチの実力を引き上げる養成力に直結します。つまり、スコアが高いほど養成力が高くなります。

コーチングスクールのスコアの意味は、上記の必須条件を満たしているかの採点結果です。

有名・著名、規模が大きいといっても、実力をつける環境やカリキュラムが存在しているかは受講者が目利きすることが必要そうです。

比較4 コーチ派遣・コーチング提供会社

全国の有名・著名、実績を出しているコーチ派遣、コーチングセッション提供会社9社を選出しました。

表から6社がスコア4、2社がスコア5、1社がスコア8でした。

T社は指導者がスコア8であり、コーチとしても活動しているためこのスコアとしています。

T社の指導者以外のプロコーチのスコアは、4〜5の範囲です(当社独自調査結果より)

当社においては、スコア9、7、6、5のコーチたちが多数在籍しています。

比較結果から、当社が全国トップのコーチング提供会社であることがわかりました。

さて、コーチに必要な条件は、「クライアントよりエフィカシーが高いこと」です。

その理由は、相手の問題解決をサポートする的確な質問を行うためには少なくとも相手よりも高い視点や俯瞰力が必要となるからです。

エフィカシーは、気力(または霊力)、知力(知識、経験的な知恵、道理を見通す力)、意思力(またはやり抜く力)の3要素の総合点ですので、どれか一つの要素が相手より高い場合でもコーチとしての適性を満たします。

比較調査としては、エフィカシーの3要素まで分解して深く追跡していませんので単純な総合点としての比較となります。

補足資料として後述しますが、スコア別人口比表より、10人のクライアントがいたとしたら、スコア3が10人のうち9人、スコア4が10人に1人ですので、コーチはスコア4が最低条件となります。

その理由は単純で、スコア3のクライアントに対してスコア3のコーチが相手では、コーチングセッションの目的達成が難しい場合が多くのケースであるからです。

逆にいえば、スコアが4あればコーチとしての最低資格を有するという意味です。

またスコア別人口比表より、スコア5の人口比は10000人に1人おり、概算で日本には120万人存在します。

スコア5の人は、基本的にコミュニティーのリーダクラスや会社の幹部、優れた一部の経営者が該当します。

そのため、当社ではより質の高いコーチングを受けていただくためにコーチの認定基準を「スコア6を維持すること」と決めています。

シラバス 「ギフテッド教育修了者の認定 」をご参照ください。

比較5 ギフテッド(GATE)教育

ギフテッド教育は、日本ではまだ法的整備が整っておらず、自治体や民間企業が自主的に活動しているため、現状有効な調査ができておりません。

現時点、ギフテッド教育を提供またはこれから開始する事業者を6社選出しました。

5社がスコア4、1社がスコア5でした。

ギフテッド児の才能を見つけ、引き出し、開発・発展させるために必要な要件は、高い俯瞰力、客観視、包容力、癒し力、思考力、理解力、倫理観、道徳、常識など多岐に渡ります。総じて、人的、霊的な人格が良いことが必要です。

スコアが高いことは人的、霊的な面でも高い位置であることを指しますので、教育者としてはスコアが高いことが求められます。

比較対象の6社は子供向けなのに対し、当社の場合は大人向けに事業を展開しているため正確な比較はできませんが、単純な調査・比較結果から、相手の才能を開発・発展させる養成力については当社がダントツで全国トップであることがわかります。

なぜハクイチは高スコア人財育成に特化しているのか?

時代の要請であることは紛れもない事実でありますが、私たち自身がより質の高いサービス提供を通じて、全てのご縁あるステークホルダーが満足するのと同時に、より質の高い人生をともに学びともに共有し、私たち全員が分け隔てなく幸せに暮らしていきたいと、そう願っているからです。

真理を実証したい

真理は昔から多くの仙人、聖人、偉人、宗教家、芸術家、作家、漫画家にいたるまで古今東西で広く情報が伝えられてきました。

真理の一つとして、このような情報があることをあなたはご存知でしょうか?

大事を成し遂げのに最も大切なことは、やり遂げようとする強い意思(やり抜く力、GRIT)と、必ず成就できるという信念の強さです。

精神力(メンタル)がしっかりしていれば、ツール(道具)、スキル(技術)、ナレッジ(知識)、情報、お金、仲間など必要な物事は全て自然と手に入ります。

精神力とは、気力(霊力)、知力(知識、経験による知恵、道理を見抜く力)、意思力(やり抜く力)の総合値であることは前述していますが、それはつまりスコアと同義です。

スコアを先に上げることで必要なものは全て手に入る

それが真理であり、私たちはそれを仲間とともに学びともに共感しながら実証し続けることを一つの楽しみにしています。

補足 スコア別人口比

以下の表は Sランキング にて当社が掲載しているデータの一部です。

大規模な調査を行い、スコア別の人口比を算出した結果です。

Sスコア3 は 10人に9人

Sスコア4 は 10人に1人

Sスコア5 は 10,000人に1人(日本には120万人いる計算)

Sスコア6 は 1000万人に1人(世界に150人、日本には50人)

Sスコア7 は 1億人に1人(世界に40人、日本には28人)

Sスコア8 は 5億人に1人(世界に14人、日本には11人)

Sスコア9 は 5億人に1人(世界に15人、日本には11人)

という結果でした。

スコアが6以降の人物は、世界的に貴重な人財であることは間違いありません。

では、「 ハクイチのコミュニティには各スコアの人がいったい何人くらいいるの?」 という疑問が浮かぶ、頭のするどい人もいると思います。

今回だけ、その疑問にお答えしたいと思います

 本邦初公開です。(「本邦初公開」をクリックしてください)